コンセプト|山科駅徒歩7分【京滋建設】新築分譲マンション「ヴィオス山科音羽マナーズ別邸」

コンセプト

CONCEPT

コンセプト

日本が誇る、
京の美学を追い求めて。

時が流れても色褪せることなく、
豊かさの基盤となっていく
強い意志を持った美しさ。

それを「洗練」と呼びたい。
日本が古来より磨き上げてきた、
淑やかな美しさ。

私たちは、日本の美学と共鳴する
山科音羽という地に、
自分らしさを叶える私邸を贈ります。

コンセプト

『伝統の装飾』

細くひき割った木片をカンナや
ノミなどで調節しながら釘を使わずに
一つ一つ組み付け、
幾何学紋様を
生み出す木工技術「組子」を採用。
飛鳥時代に建立された
法隆寺の手摺りにも、
組子の装飾が施されています。

コンセプト

組子細工 : image photo

コンセプト
コンセプト

京滋建設の冠ブランド「Bios(ヴィオス)」は、新築分譲マンションをはじめ、戸建住宅では「ヴィオスヴィラージュ」として展開中。「Bios」には“生活を創造する”という意味があり、“作法や心配り”などの意味をもつ「Manners(マナーズ)」と組み合わせました。音羽という地名は、音羽山から流れてきた清水が滝(音羽の滝)を落ちる音が、鳥の羽音のように聞こえたことから名付けられたと言われ、多くの和歌にも見られます※。そんな日本の繊細な美学が優しく心に響く、新しい都市型邸宅を提案します。

※出典:「京都山科 音羽・大塚・音羽川
二千年の歩み」鏡山次郎 著

コンセプト

当社施工例_ヴィオス京都山科マナーズ/
エントランスホール

1927年創業以来、京都・滋賀エリアで
豊富な戸建分譲の実績を重ね、

独自の邸宅品質と快適性、安全・安心を
追求した
新築分譲マンション、
ヴィオス・シリーズを展開。
永く愛される私邸の4棟目が、山科音羽に
誕生します。
“日本・京都の美しさ”を
テーマにジャパネスクとホテルライクの
融合が導く和の美学をさらに進化させた、

11階建タワーフォルムの全30戸。
奥深い風情が息づく街に、
新しい景色を描きます。

※掲載のエントランスホール完成予想図は図面を基に描き起こしたものであり、行政官公庁の指導、施工上の都合により、仕様・色彩・植栽等が変更される場合があります。あらかじめご了承ください。